| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

くるあにが好きなカバー曲集 part2

前回の記事で私の個人的にいいなと思うカバー曲を紹介しましたが、まだまだ紹介したりないということで

今回part2としまして、もっと色々な曲を紹介していこうと思います。

もちろんあくまで私の個人的に好きなカバー曲ですのであしからず。


↓  ↓  ↓  ↓


前回も冒頭で語りましたが、まず最初に私が個人的にどういうカバー曲が好みなのか再度語ります。

・女性の曲を男性がカバーor男性の曲を女性がカバー
カバー曲ではこの形式が圧倒的に多いのではないでしょうか?
やはり一般的にウケルと思います。
バックの演奏がさほど変わらなくても曲の感じがガラッっと変わりますもんね。
キーを変えたり、変えなかったりとそこは私はあまり気にならないですね。


・ジャンルの変更
これも多い部類。
特に多いのはジャズ・ボサノヴァ・メタルのアレンジでしょうか。
私はメタラーですが、アレンジの仕方が雑なのはかなり嫌いです。例としてはあえて挙げませんが。
要は本当のメタルバンドが歌ってそうな曲に仕上がってるか否かの問題。
あとギターソロとかも結構重要です。


・歌ってるアーティストの味が出てるか否か
カバーをメインに活動されてるアーティストは対象外です。
いかにカバー曲を自分色に染めているか否かです。
バンドであれば楽器の雰囲気、ボーカルなら歌い方。
これがないとやはりカラオケになっちゃう。
あとボーカルが一人の曲を数人で歌ったりってのもいいですね。


・バックの演奏
ジャンルの変更と似てはいますが、ドラムの音だったり、いっそドラムを電子音に変えていたりと。
テンポの変更などなど。


・80年代のカバー
これは結構マニアックな話なんですが、音圧の話です。
80年代の場合、リマスターとかじゃない限り音圧が今の楽曲に比べて弱いです。
ほら、CD借りたりして聞くと音が小さく聞こえるでしょ?音量の違いじゃないんです、音圧です。
これは仕方ないです。そういう時代だったんです。
かなり専門的な話になるので、やめときます。
これをわかりやすくまとめると
「80年代の曲を現在の音圧や技術で聞きやすくなった感じが好き」
って感じですかね。






それじゃ今回もいってみましょー!




夢で逢えたら

1976年、吉田美奈子、シリア・ポールが最初に歌っているが、一般的には吉田美奈子の代表曲として知られている。元々はアン・ルイスに書いた楽曲であったが、当時の彼女のスタイルに合わずにボツになる(のちにルイスも英語詞で歌うことになる)。吉田美奈子、シリア・ポール版では、中間に歌詞が追加されている。さまざまな歌手・グループによって歌われている。wikiより抜粋


私は吉田美奈子さんよりもラッツ・アンド・スターの印象がとても強いんですけどね。世代的に。

原曲はコチラ。


ちなみにラッツ・アンド・スターのカバー


そして・・・

私が個人的に紹介したいのはコチラ!


キンモクセイのカバーです。
バンドとしてとっても技術、表現力に優れたバンドだと私は思います。
確かボーカル以外全員同じ音楽専門学校卒でしたね。聞いていてとても気持ちがいいアレンジです。
ボーカルもクセがそんなになく聞きやすいですね。(ボーカルの顔が千原ジュニアに似てる気がするのは私だけ?)





ロマンティックあげるよ

フジテレビおよび系列各局で放送されたテレビアニメ『ドラゴンボール』の主題歌。カップリング曲には、橋本潮が歌う「ロマンティックあげるよ」が収録されている。「魔訶不思議アドベンチャー!」はオープニングテーマ、「ロマンティックあげるよ」はエンディングテーマとして、『ドラゴンボール』の第1話(1986年2月26日)から最終話(1989年4月19日)までそれぞれ使用された。「魔訶不思議アドベンチャー!」wikiより抜粋

国民的アニメ、ドラゴンボールのED曲「ロマンティックあげるよ」です。
原曲はコチラ。


世代的にイントロ聞いただけで「うおっ」ってなります。
ドラゴンボールの作品自体好きじゃないんですけどね・・・。曲大好き。

一般的には中川翔子のカバーが知られてるでしょうか。

私が好きなのはコチラ。

ボサノヴァアレンジになります。
romiさんというアーティスト。
「あのうた」というアニメソングカバーアルバムに収録されてますのでromiさんの歌声に気に入った方は是非。
私はこれをituneで単品購入っすね。




世界が終るまでは…

テレビ朝日系アニメ『SLAM DUNK』の第2期エンディングテーマに起用された。曲名について、「世界が終わるまでは…」と誤って表記されることがあるが、正確には「世界が終るまでは…」である。上杉はこの曲の詞入れ前のデモテープ段階での出来上がりの良さに衝撃を受け、「この曲でラブソングをやりつくした」とのちに回顧している。ギターの音は柴崎のオーダーメイド品であるArtTech製による。
発表後のライブではアンコールに取り入れられた。最終的にWANDSがライブ演奏したラストナンバーになった。

WANDSのシングルとしては、「もっと強く抱きしめたなら」、「時の扉」に次ぐ3番目の売上である。
最終的にWANDSとして最後のミリオンセラー曲となった。
wikiより抜粋

スラムダンクで今の20代でも知ってる名曲。
WANDSのファンクラブに入ってた私。名曲ですわ、やっぱ。
原曲はコチラ。


そして私が好きなカバーはコチラ!

↑飛蘭さんが出したアコースティックカバーアルバム「FAYvorite」の試聴動画。
「世界が終るまでは・・・」は3分10秒あたりです。

普段はアニメソングやエロゲソングで活躍されてるイメージの飛蘭さんです。
アコースティックカバーといいつつも、しっかりドラムや鍵盤が入ったり非常にいいアルバムです。
気になった方は是非。




Still Loving You

スティル・ラヴィング・ユー (Still Loving You) は、スコーピオンズによるパワーバラードで、1984年のアルバム『禁断の刺青』に収録されている。アルバムからの2番目のシングルであり、Billboard Hot 100で64位に達した。フランスでは、170万枚を売り上げた。プロモーションビデオは、1984年7月にリリースされ[1]、テキサス州ダラスのリユニオン・アリーナで撮影された。wikiより転載

メタルきました!メタル!w
バラード曲ですけどね。
原曲はコチラ。


そんなバラードソングを大胆にテンポ上げちゃった大好きなカバーがコチラ!

私の大好きなSonata Arcticaがやってくれました。
収録アルバムは「Successor」。確かミニアルバム。
これ初めて聞いたとき鳥肌やばかったなぁ~。※ただしメタラーに限る





Trick or Sweet

パチスロ『マジカルハロウィン3』で使用される楽曲です。
原曲はコチラ。


マジハロ3を打ったことあるスロッターの方はご存じでしょう。
ART中のBIGボーナスで流れるこの曲。
聞いた瞬間脳汁前回のスロッターもいることでしょう!私もその一人。
この曲をマジハロシリーズでおなじみのSana氏がカバーしとります。
コチラ!

原曲を歌う声優の堀江ゆいさんのかわいい声と比べ、こっちはもろSanaさんのかっこいい歌になってます。
バックの演奏は全く一緒なのに違う曲に感じますね。




Sweet Memories

「ガラスの林檎/SWEET MEMORIES」(ガラスのりんご/スウィート・メモリーズ)は、1983年8月1日にリリースされた松田聖子の14枚目のシングルである。wikiより転載

SWEET MEMORIESってカップリング曲だったんですね。
それでは原曲はコチラ。


松田聖子さんですね。世代じゃないですが当時21歳でこんな曲歌えないっすよ。素晴らしい。

私の大好きなカバーはコチラになります。

Oliviaさんのカバーです。
原曲とは歌い方が大きく異なり、ファルセットをかなり多用しています。
2番の英語の歌詞もやはりOliviaさん、超しっくりきますね。
大好きです。




踊り子

それではラストです。
原曲はコチラ。

村下のデビュー4年目、6枚目のシングルA面の曲。のちに同年発売のアルバム『初恋〜浅き夢みし〜』の3曲目として収録された。
前作「初恋」に引き続いておよそ10万枚(オリコン)を売り上げるヒット曲となり、「初恋」に次いでライブ・コンサートでの演奏回数が多い曲である。晩年のテレビ番組出演では、この曲を演奏する場合も多かった。
シングルバージョンとライブバージョンでは曲のイメージがまるで変わり、前者の場合はキーボードを多用しているのに対し、後者の場合は弾き語り色が強い。
wikiより転載

村下孝藏さんの「踊り子」です。
村下孝藏さんといえば「初恋」が有名ですが私的にはこっちが好き。

さて、最高に好きなカバーがきました。
こちらです。

アニメ「そらのおとしもの」は毎話ED曲が異なり、昔のカバー曲を採用しています。
歌うのは出演している声優さん。
この曲は2期にあたる「そらのおとしもの フォルテ」の8話ED曲になります。
声優で歌がうますぎる早見沙織さん、高垣彩陽さんコンビで歌うこの「踊り子」はやばすぎる。
バックの演奏をガラって変えてるのもよし、
二人で歌ってるのも聞いていておもしろくてよし、
早見さんの声まじ天使。

ラストは二人で一気に歌い、まじ鳥肌もの。
気になった方は「そらのおとしもの」で検索してみるといいかも。
昭和の名曲を色々カバーしてて、アルバムも普通にあります。
ちなみに私はアニメ見てないw






以上、くるあにが好きなカバー曲集でした。

まだまだ好きなカバーあったりしますがキリがない!w

ituneで「カバー」「カヴァー」って検索しても結構色々出てくるので原曲に少し飽きたら(失礼)検索してみるといいかもです!
もちろん原曲よりイイ!ってやつとかも見つかるかも☆

ソレジャマッタナー(゚д゚)ノシ
スポンサーサイト

| 音楽の話 | 12:31 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。